岐阜の引越し

引越しと段ボールの話

より安く引越すために、格安の引越し業者を利用しました。格安なので段ボールなどのサービスはありません。買おうとすると、ひとつ200円くらいするんですね。なので、ひとりでひたすらスーパーやドラッグストアで段ボールを集めました。 とくに梨の箱が丈夫そうなので、見つけるたびに家に持ち帰りました。欲張って一度に沢山持ち帰ろうとすると、歩行も困難になり、手が痛くて大変です。それでもがんばって集め続けました。梨の箱、いくつくらい集めたでしょうか。かわいいキャラクターが描いてある箱。おそらく、30個くらい集めたと思います。 引越しの2週間前くらいから、その箱にどんどん荷物を詰め込み始めました。のんびりやっていたので、結局引越し業者が来ても荷物を詰め込む始末…こうしてなんとか格安の引越しは終了しました。

小さな引越しを終えて、新しい部屋には段ボールだらけ。しばらく、段ボールとの共同生活が始まりました。もう季節は秋だったので、段ボールの暖かみを感じ、ぬくぬくと過ごしていました。 そんなある日、いつものように段ボールの山の中で目覚めると、枕元に見たことの無い小さな虫が何匹も居ました。「あらかわいい、不思議な虫」そう思ってインターネットで調べてみると。なんと、それらはゴキブリの子供でした。 キャー!です。ほんとうに、キャー!です。周りをよく見ると、死んだゴキブリの親まで居るではありませんか。きっと、子供を産んで死んだのですね。そしてそのゴキブリの親は…、段ボールに隠れていたに違いない。ほんとうに、ゾッとしました。 段ボールは即座に解体して処分しましたが…ゴキブリシーズンが到来するのが本当に怖いです。あんなにがんばって段ボールを集めて、ゴキブリまで運んでいたなんて。まったく悲しい話しです。

引越しするときの物件選びについて

学生時代から含めて、10回近く引越しを経験しました。就職や結婚等、環境変化のため引越すことも多いのですが、新しい賃貸物件をさがすときのワクワク感、引っ越してすぐの「イチから再スタート!」というような爽快感が好きなのです。 そんな私が、引越しを重ねるうちにだんだんと身についてきた「物件探しの条件」があります。この条件でさがして気に入ったら、引っ越した後快適に過ごせる!というものです。 それは、 ・日当たりがよい ・風通しが良い ・古くても良いから、広めの部屋 ・風呂・トイレが比較的きれいで、除湿しやすいこと以上の条件にあてはまること。そして、一番重要なのが、「内見したときの直感」です。 私には霊感等は全くないのですが、引越しの物件探しで部屋を内見させてもらうと、だいたい「この部屋はいいな」「ここは何だか雰囲気悪いな」とわかります。 この第一印象はとても大切です。 例えばAとBの物件があったとします。Aの方は家賃がやすく、内装も新しく条件がいいとします。部屋を内見したとき「何となく空気が詰まったようで落ち着かないなあ」と思いますが、条件の良さから結局Aの物件に決めます。そうすると、第一印象で引っかかったとおり、住んだあともずっと「息苦しい空間」「居心地が悪い」という感じが消えないのです。 逆に多少古かったり設備に難があっても、最初に「なんだか落ちつくなあ」「雰囲気が明るいなあ」と思った物件は、住んでみるととても居心地がいいのです。これは日当たりとか立地とかに関係のない「雰囲気」なのです。 みなさんも引越する際にはまず自分の「五感」をしっかり使って、その部屋との相性を確かめてみてください。
シェアハウスの引越し